建築士事務所協会とは

本会のあらまし

 本会は、建築士法に基づき登録された建築士事務所によって組織され、一級、二級、木造の別なく、また専業(設計業務を主とする)、兼業(建設業等に併設される)の別なく、群馬県内の全ての建築士事務所が入会し、活動することができます。

 本会では、本部、支部および建築士事務所の全国組織である(社)日本建築士事務所協会連合会の各組織を通じて、建築士事務所の業務の確立、社会的地位の向上、社会的使命の達成、業務上の諸問題の調査・研究等と取り組んでまいりました。

 平成21年に改正建築士法の施行に伴い、同法に基づく法定法人としての業務と取り組んでおります。

本会の目的

 本会は、建築士事務所の業務の適正な運営と健全な発展及び建築士事務所の開設者に設計等を委託する建築主の利権の保護を図り、もって建築文化の向上と公共の福祉の増進に寄与することを目的としております。

本会の事業

  1. 建築士法に基づく法定法人として行う、建築士事務所の業務の適正化や建築主等の利益の保護等に関する事業
  2. 建築士法に基づく登録講習機関からの受託業務
  3. 建築士事務所の業務に関する事業
  4. 法令・技術研究、各種研修事業
  5. 建築物の安全確保に関する調査研究、関連業務の受託
  6. 広報、相談事業(建築士事務所のPR、住宅アドバイザー、耐震診断等)
  7. 建築住宅行政、関係団体等の事業に協力支援

   ※群馬県建築士事務所協会の パンフレットはこちら