伊勢崎市建築確認申請手続案内について

伊勢崎市(特定行政庁)                                                   印刷用(PDF)Pdf

 

1.行政庁所在地

①   伊勢崎市役所      伊勢崎市今泉町2丁目410

                      0270-24-5111 (代)

 

・  建築指導課  (本館・3階)    0270-27-2762(直)

・  都市計画課  (東館・4階)    0270-27-2766(直)

・  道路維持課  (本館・3階)      0270-27-2761(直)

・  区画整理課  (東館・4階)      0270-27-2770(直)

・  下水道管理課 (本館・5階)    0270-27-2774(直)

 

② 伊勢崎市水道局      伊勢崎市連取町1952

                       0270-30-1230(代)

 

③ 伊勢崎市消防本部予防課    伊勢崎市今泉町2丁目895

                           0270-25-3311

  

④ 伊勢崎保健福祉事務所   伊勢崎市下植木町499

                       0270-25-5066

  

⑤ 前橋地方法務局伊勢崎支局 伊勢崎市太田町554-10 伊勢崎地方合同庁舎内

                      0270-25-0758

 

2.確認申請関係

・  確認申請関係

・  構造関係

・  浄化槽関係

・  添付書類等

・  その他(申請チェックリスト)

・  中間検査関係

・  完了検査関係

   

・ 確認申請書類の提出順序(案件に応じ窓口で指示あり)

  建築指導課→都市計画課→道路維持課→土木課→(区画整理課→中心市街地整備部

     →農政課→商工労働課→農業委員会→下水道管理課→環境保全課→環境政策課→

    市民活動課)→建築指導課

 

3.都市計画図

・  伊勢崎市都市計画図

 

4.その他申請書類他

 

(1)   土地区画整理法第76条、都市計画法第53条に該当する場合は、確認申請書の副本と、
       正本に同写しを添付する。どちらも許可後の建築確認申請受付。

   土地区画整理事業について

 

(2)   宅地造成工事規制区域内の宅地造成に関する工事の許可申請書(正・副)2部は建築
       指導課に提出。許可書の写しを確認申請書に添付する。

   開発許可制度の手引き

 

(3)   敷地内排水経路を記入する。(計画概要書にも記入する)

 

(4)   特定工場は、敷地面積が9,000㎡以上または建築面積3,000㎡以上の場合は、工場
       立地法に基づく届出が必要。

   工場立地法に基づく届出について

 

(5)   土地証明書は、新築・増築とも必要。

   登記簿謄本の添付(市街化区域:要約書可)

   公図の添付。

   申請者と土地所有者が異なる場合、土地使用承諾書の添付。

 

(6)  その他。

   2. 確認申請関係(申請書等)、・その他(申請チェックリスト):伊勢崎市HP参照。

 

5.その他

 

〔浄化槽仕様書〕

・所要部数3部。(正・副・中部環境事務所)

・排水が水利組合に関する場合は事前に組合との協議が必要。

 

〔伊勢崎市中高層建築物に関する指導基準〕

(適用範囲)

・第一種低層住居専用地域又は第二種低層住居専用地域における、地階を除く階数が3以上
  の建築物若しくは軒の高さが7メートルを超える建築物又は高さが7メートルを超える工作物。

・その他の地域内における、地階を除く階数が3以上の建築物又は高さが10メートルを超える
  建築物若しくは工作物。

(建築計画の事前公開)

・事業者は中高層建築物等を建築しようとするときは、近隣関係者に当該建築に係る計画概要
  の周知を図るため、建築敷地の見やすい場所に標識(様式第1号)を建築確認等の申請日の
  21日以上前から工事完了までの間、設置しなければならない。

 伊勢崎市中高層建築物に関する指導基準

 

〔道路後退用地整備協議〕

・法第42条2項道路に接する土地において建築行為をする場合、確認申請を行う前に後退
  用地等の帰属、整備方法等についての協議が必要。道路後退用地等調査報告書の提出。

 道路後退用地整備協議関係

 

〔景観まちづくり条例〕

・一定規模以上の建築物の新築、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕
  若しくは模様替又は色彩の変更を行う場合は届出が必要。(着手前30日)

  景観まちづくり条例

 

〔伊勢崎市屋外広告物条例〕

・一定規模以上の屋外広告物の表示を行う場合は、事前に市長の許可等が必要。

 伊勢崎市屋外広告物条例

 

〔特別用途地区・特別用途制限地域について〕

・特別用途地区  :特別業務地区(3地区)を指定。                                           

・特別用途制限地域:風俗関連施設や大規模な工場・店舗など居住環境に支障を与えるおそ
  れのある建築物等を定め、その立地を規制する地域を指定。

 特別用途地区・特別用途制限地域について

 

〔省エネ法について〕

  ・特定建築物のうち、第1種特定建築物(床面積が2,000㎡以上)は、新築・増改築及び
      大規模修繕の際に、第2種特定建築物(床面積が300㎡以上、2,000㎡未満)は、
      新築 ・増改築の際に、省エネ措置を所管行政庁に届け出が必要。

   省エネ法について

 

〔人にやさしい福祉のまちづくり条例について〕

   人にやさしい福祉のまちづくり条例について